10分で理解するカードローン

10分で理解するカードローン

MENU

人気のあるカードローン

カードローンにはいろいろな種類があります。その中で人気のあるローンは、金利が低いものです。一口に金利と言っても、高いところでは18%、低いところでは3%台と、カードローンの会社によって幅があります。

 

金利が安い方が返済にかかる負担が小さいので、金利の安いカードローンは人気があるわけです。金利が安い会社は、銀行系のカードローンが多いです。少しでも金利が安いところからお金を借りたいと思う時には、銀行系のカードローンの中で、ご自分に合うものを探してみましょう。

 

即日融資のカードローンの会社も人気があります。特に、お金がすぐに必要な方にとっては、即日融資が可能かどうかということは大切なポイントになります。即日融資が可能なカードローンの会社は比較的多くあります。

 

しかし借りる人の属性によっては、審査に時間がかかり、即日融資が不可能になるところもあるので注意が必要です。一般に銀行系のカードローンの会社は審査に時間がかかります。とはいっても、銀行系でも即日融資が可能なところはあります。

 

ポイントの還元率が高いカードローンも人気があります。そのカードを使って、支払いをすれば、ポイントがつくというサービスです。ポイントを貯めると、商品券などに交換することができます。

 

理想的なカードローンは、利息が安く、融資までの時間が短く、ポイントの還元率が高いところだと言えるかもしれません。その条件に当てはまるカードローンもいくつかあるので、ご自分に合うものを探してみましょう。

 

キャッシング業者の登録番号は信用ならない?

消費者金融が貸金業として営業をするためには財務局や都道府県から貸金業としての認可を受けなくてはなりません。
複数の都道府県に店舗を設置する場合には国である財務局の認可が必要となり、地方消費者金融のように一か所の都道府県で運営をするのであればその設置場所の都道府県の認可が必要になります。
認可を受けると登録番号が発行されそれが正規の消費者金融である証にもなっています。

 

ところが現在、本来は正規の貸金業にしか交付されないはずの登録番号を堂々と詐称したまま運営をする闇金融があります。
キャッシングを扱う業者の顔をして顧客を獲得しています。
正規の消費者金融であるのかそうではないのか、それを見分けるための手段として登録番号を確認することとはよく言われているものの、実際にはその登録番号が認可を受けて発行されているものかどうかまで確認しなくてはなりません。
つまり登録番号があることだけでそこが正規の消費者金融であると判断はできなくなっているということです。

 

金融庁の違法業者データベースは誰でも自由に閲覧することができます。
それを見てみると勧誘方法が闇金融でもインターネットを利用していることが一般的です。
全世界に発信するインターネット、そして履歴が残るインターネットで闇金融がホームページを作り勧誘をしているというわけです。
闇金融といえば路地裏で怪しげに運営をしているというイメージが強いでしょう。

 

今はそのような時代ではなくなりました。

 

登録番号も、廃業された貸金業の番号を成りすましてみたり、全く架空の番号を表記してみたりとやりたい放題です。
しかし、それこそ立派なホームページがあり、登録番号も表記されているとなればそこが闇金融であると判断できるかといえば難しいでしょう。
登録番号はあてになるものではなくなりました。
闇金融か正規の消費者金融なのか判断が難しいということです。
大手消費者金融から選択するべきである、その理由はここにもあります。

どうしてもお金を借りたいときは

どうしてもお金を借りたい、そう考えても借り入れ先がどんなところになるのか初めての時には不安になるものです。
不安になっているのはどんなことですか?
もしかして取り立てではないでしょうか。

 

現在は消費者金融の取り立ては自由にしていいものではありません。
怖い取り立てのイメージとしてあるかと思いますが、返済が滞れば玄関先で大きな声をだしドアをどんどんと叩きつけるというもの、そんなことはまずありえません。
ただしそれは正規の消費者金融に限ったこと。
闇金のようなところであればその取り立てはどうなるかはわかりません。
だからこそ闇金を利用してはいけないというのです。

 

金融庁が督促のルールを定めています。
そのルールにのっとった取り立てでなくてはなりません。
基本的に督促の電話は朝の9時から夜の8時まで。
電話も1日3回以上となってはいけません。
契約者の自宅に督促の訪問をする場合には債権者が大勢で押しかけることはできず最大でも2名までです。
もちろん勤務先への訪問は行うことができません。
というのも、契約者以外の第三者に対して債務者が借金をしているという事実を知らせてはいけないというルールがあるからです。
そのため第三者に対して、つまり家族や友人、会社などに返済を要求することもできません。

 

さてここが一番重要なことかと思います。
債権者は債務者に取り立てをする際、催促の電話でも同じことではありますが暴力的な態度、乱暴な言葉、大きな音、これらは行ってはいけないこととなっています。

キャッシング利息の計算方法とは?

キャッシングでよく見かける年率○%、金利年△%、という場合利息はどのような計算方法をするのでしょうか。実際に自分がいくらぐらい利息を払っているのかを意外と分かっていない人もいるのです。キャッシングで採用されているリボルビング方式の返済方法は、毎月返済する金額は同じでそのうち金利と元金に振り分けて返済しているという考え方をすれば分かりやすいでしょうか。

 

1万円を返済していても、1万円がそのまま元金を返していることにはならずそのうちのいくらが元金でいくらが利息なのかは、毎月変わっていくものなのです。

 

年利の計算方法は、「借り入れている金額×設定された金利÷365日(うるう年では366日で計算します)×利用した(借り入れていた)期間の日数」です。つまり、キャッシングでは借りている期間が短ければ短いほど支払う金利を少なくすることができるということになるのです。

 

繰り上げ返済、一括返済がお得になるということを聞いたことがあるかもしれませんが、キャッシングに関してはお金ができたときにすぐさま返してしまうというのは確かに利息の経験に直接繋がっていきます。

 

リボルビング返済方式は、かなり長い期間経っても借り入れ残高が自分の思ったように減っていかないと感じる借り入れ者は多いのです。繰り上げ返済などでどんどん返していくと、目に見えて残高が減っていきますので返済の意欲をキープしやすくもなるのです。追加借り入れをしたときにもこまめに利息を上記の計算方法で計算し、自分の返済している金額の内訳は必ず知っておく必要があります。

初めての借入でもモビットならスムーズ

借入が全く初めてという方でもスムーズに利用まで進めることができるのがモビットです。Web完結とカード申込のどちらの申し込み方法を選んでも、モビット審査時間は最短30分となっています。申し込みをする時間帯や審査の状況などにもよりますが、即日借入も難しくありません。

 

モビットは、申し込み、審査、契約、借入という流れは他のどのようなローンとも同じですが、契約書類の返送などをする前に審査結果を確認することなどで借入できる状態になります。すばやく借りられるようなシステムが整っているので、急いでいる方にも安心でしょう。

 

モビットでは、借入方法を申し込みの時点で計画しておく必要があります。Web完結申し込みを選ぶと、電話連絡や郵便物が一切ないのですがモビットカードが発行されません。そのため自分の銀行口座にお金が振り込まれる振り込みキャッシングしか利用できません。

 

カード申込にしておくと確認の電話が入りますし、郵便物もありますがATMでの借入を利用できます。また、振り込みキャッシングによる借り入れも可能になっていますので、借入方法を使い分けたいといった方にはピッタリの方法でしょう。

 

申し込みの時点で明確に借入方法まで決めているという方はよいのですが、そうではない場合はどうやって借りるのかを考えておく必要があるでしょう。ATMの利用は提携ATMによっては手数料が必要になります。振り込みキャッシングでは手数料はかかりませんが、キャッシュカードを使ってお金を引き出すのならこの場合も時間外手数料や提携による利用手数料などがかかることもあります。

更新履歴